車買取で車検は通したほうが良い?それともそのまま?

 

車を売るときに気になるのが「車検」です。
あと少しで車検の有効期間が切れてしまう!
という場合、車検を通して車買取店へ行けば良いのでしょうか?
それとも、車検を更新して、
査定に出したほうが良いのでしょうか?

 

 

まず、車検の有効期間が少ない車を査定に出した場合、
価格はマイナスになると言われています。
それなら、車検を通して査定に出したほうがお得ね。
と思いますよね。
確かに、車検を更新すると次に購入した人が助かりますし、
買取価格も下がらずに済みます。

 

 

 

でも、車検にはお金がかかります。
もう乗ることのない車の車検を通して、
余分なお金を払うのは、ちょっと損すると思いませんか?
買い取る側にとっては得ですが、
売る側にとってはまったく得をしません。

 

 

ですから、どんなに車検の残りが少ない車でも、
そのまま査定に出したほうが良いでしょう。
車検に出しても、その費用分買取額がアップするわけではありませんし、
それなら多少マイナスになってもそのまま出すほうが断然お得と言えるでしょう。

 

 

自分の愛車がどれくらいの価格で売れるのか、
気になる方は事前に「無料一括査定」を利用してみるのも良いですね。